2010年04月30日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の弐点弐〜 撮影倍率はアップの目安

フィギュア撮影講座のその2の補足になります。
撮影倍率が違うとどのくらい違うのか?ということで、
一般的なレンズの撮影倍率1:1(1倍)〜1:5(0.2倍)ぐらいの範囲でお見せします。
比率で示したり、小数点で示したりしますが、小学生の割り算レベルの換算なので。。。

今回は写る範囲の話なので手持ちライブビューで撮っていて、ブレ&前後揺れはご容赦ください。
あと、明るさとかも全く意識してませんので悪しからず。

>>> 続きはここをクリック


posted by HINA at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の参〜 ライティングに時間をかけるべし!

フィギュア撮影レビューについての個人的な講座の3つ目です。
今回は、カメラ側の話というよりも重要だと思うライティング(照明の当て方)についてです。
部屋の天井固定照明とRIFA(可動照明)での違い、レフ板を1つ使うだけで影が変わることをお見せできればと思います。
あと、部屋の天井にある蛍光灯だけの撮影環境においても、反射光をコントロールすれば、
5年前のコンデジ(いわゆるデジカメ)で、それなりに撮れることが判ってもらえればと思います。
(サンプル画像はクリックすると1200pixで開きます)

IMG_8258.jpg

涼宮ハルヒのフィギュアはちょっと後方に設置していますが、
これもレフ板のようにグラペの反射を使って光を補うためです。
なお、色がある背景紙を下に敷くと色被りします(その色が反射して色つき照明を当てたようにフィギュアに写る)ので、
色被りを防ぐためにも手前には必ず白いものを使うようにしてください。

まずは、RIFA1灯でディフューザーの有無、レフ板の有無だけで、
光の強さが変わったり、どれぐらい影が取れるか。
基本的に、カメラの評価測光を使っていますので、一部を除いて明るさは自動です。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の弐〜 背景紙は大きく、レンズは撮影倍率は高く!

Canonのデジタル一眼レフ「KISS」を使ってのフィギュア撮影講座のその2です。
今回は、フィギュアを撮るためのレンズの画角(焦点距離が何mmかで決まる)と
それによって写る背景の範囲から背景紙にどのくらいの大きさが必要かを見てみます。

IMG_8257.jpg

とりあえず、こんな感じで背景紙とフィギュアを設置。(背景はサイズごとに判りやすい色分け)
レビュー対象のフィギュアの大きさ(5cm級、10cm級、20cm級)に合わせて、
レンズの焦点距離やカメラの位置(フィギュアとカメラの距離)を変えて必要なレンズを探っていきます。
絶対画質を求める方は、単焦点レンズでレンズ交換をし続けるか、
長めのマクロレンズでフィギュアに近づいたり離れたりするべきですが、
焦点距離を変えるのが楽ということでズームレンズを参考にするために
レンズはEF 24-105mm F4LとEF 70-200mm F4Lを使いました。
なお、ライティング講座ではないので、背景紙の選択や設置、光の当て方は適当ですので悪しからず。

それでは、画像を見ていただきたいと思いますが、
レンズの焦点距離は注釈のない限りは35mm換算ではなく、
純粋に表示されるレンズの焦点距離を書いていきます。
(購入されるときには、その数字で探すといいと思いましたので)

ねんぷち(5cm級)
IMG_0220.jpg

ねんぷちレビューを目的にするなら、100mmぐらいのレンズを使って50cm程度離れると、このように写ります。
ねんどろいどなら、もう少し離れて撮るか焦点距離を短く70mm程度にして画角を広げます。(写る範囲が画角)
一般的なレンズは「最短撮影距離」が0.4m以上になるので、これより小さいモノを撮る場合には、
Microと書かれている”マクロ”レンズ(ニコンは”マイクロ”レンズ)が主な選択肢になると思います。
単純にアップにするなら何百mmとかの超望遠レンズにすれば良いようにも思ってしまいますが、
どのくらい大きく写るかを示す「撮影倍率」が0.3倍を超えるようなレンズは稀なので、
フィギュアとカメラの距離が離さないとピントが合わせられないので結果は同じでダメですね。
背景紙は見てのとおりピンク色だけしか写っていないので、この場合はA3サイズで十分ですね。

20cm級(一般的なフィギュアのサイズ)を撮ってみると次のような感じになります。

>>> 続きはここをクリック
タグ:撮影方法
posted by HINA at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の壱〜 フィギュア撮影はF値を大きく絞るべし!

いろいろと質問の多いフィギュア撮影レビューについての初心者の立場での格安レビュー講座の1つ目です。
理論というより、百聞は一見にしかずで撮影データで説明していきます。
最近は、コンデジでも絞りがコントロールできるものも多くなりましたので参考にできると思いますし、
機種は格安デジタル一眼レフということで、買ったばかりのKiss X4を使っています。
同じ絞りでAPS-Cとフルサイズ5D MarkIIとの比較は別途やりたいとは思いますが、
20万を超えるカメラを投入すると、初心者向けの講習にならないですし、データは過去のレビューで。。。

気まぐれでライティングや撮影機材の紹介もしてきましたが、連載的に、まとめるのは初めてかも。
”講座”と偉そうなタイトルを付けましたが、人に教えられるようなレベルとは思ってはいませんので、
自分が機種の傾向を見ながら慣れるという意味合いが強いかもしれません。。。

まずは、其の壱ということで、フィギュア撮影は絞るべし!の絞りによる見え具合を。

>>> 続きはここをクリック
タグ:撮影方法
posted by HINA at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜暫定目次〜

フィギュア撮影レビューを続けてきて、そろそろ個人的な講座をやってみようと思った次第です。
それほど上手いレビュー写真は撮れていませんが、コンデジや初心者デジタル一眼レフを使って、
綺麗に撮るために私なりの感覚で簡単にできると思うことを載せられればと思っています。

また、これからフィギュア撮影レビューをするためのレンズを買おうと考えている人にも
多少なりとも一考の手助けになればいいなぁ〜と思いながら。
(EOS KISS X4で撮っているので、APS-C機ならCanonでもNikonでも参考になるかと)

<目次>

〜其の壱〜 フィギュア撮影はF値を大きく絞るべし!
 絞り値を変えて、どのくらいのF値がフィギュア撮影に向いているかについて

〜其の弐〜 背景紙は大きく、レンズは撮影倍率は高く!
 レンズが何mmぐらいがいいのか、そのときに必要な背景紙のサイズについて
 パーツ等のアップを撮るためのレンズの選択肢について

〜其の参〜 ライティングに時間をかけるべし!
 フィギュア撮影に必要なレフ板の効果について
 部屋の天井にある蛍光灯だけで、どれぐらい撮れるかについて
 (もちろん、デジカメでも撮ってみた)

〜其の四〜 物撮りで三脚は必須アイテム!
 手持ち(手振れ補正)と比較しての三脚の必要性について

〜其の伍〜 雰囲気写真は露出も命!
 暗めの写真や明るめの写真を撮るための露出設定について

〜其の六〜 クッキリ写真はシャープ処理で
 クリアな印象の写真に必要なシャープネスについて
 (アンシャープマスクやスマートシャープ)

あと、まとめ?

~番外編1~ ケータイでレビューできるのか?
 3種類ぐらいの携帯電話での撮影画像


ただ、写真は主観なので、基本的には試行錯誤を促すことになりますw
デジカメで綺麗に撮りたい!って思える人ならオススメできるかな。

>>> 続きはここをクリック
タグ:撮影方法 KX4
posted by HINA at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

5D MarkIIからフィギュア撮影機材変更でEOS KISS X4を買ってのインプレッション。

とりあえず、フィギュアレビュー用の機材を変更しようと思いつつ、半年。。。
7Dにしようと思ってたら画質まわりの不具合の連続。。。
いろいろと実機(ニコンやオリンパス、パナ等)を触って、APS-C/H/フォーサーズで試していたのですが、
さすがにニコンとかにメーカーをまたがると、現在と同レベルのレンズを揃えるのも含めて100万円はかかるので、
結局Canonの超パパママ向けカメラと言われるKISSシリーズの最新機種KISS X4に。
略すときは、「KX4」?(KDXのDigitalが無くなったので)

IMG_0179.jpg

デジタル一眼レフである必要があるのかという疑問も持ち続けてますが。。。
正直、レビューにレフレックスは無くてもいいけど、同等の撮影ができる機材がない!

予定はなかったですが、今日のお昼過ぎから暇だったので、
もしかしたら安いかも?と期待して4/16オープンのヤマダ電機の新宿東口店へ。
店員さんと交渉するも「72,300円の12%」と普通の値段を言われたので、ヨドバシへ行くと、
ヤマダの値段を出していないのにも関わらず、想定外の現金値引きw
(店頭表示は、どちらも72,300円の10%で実質65,000円ぐらい。7Dが実質130,000円ぐらい)
ポイントを含めた実質面でもヨドバシ新宿が安かったので、即決でヨドバシカメラで購入しました。
(おおよそ価格.comの現在最安値じゃなくて、底値ぐらいだったので予算的に満足して交渉せず)
SanDiskのSDカードもアキバ界隈より安かったのでポイント購入w
たまたまヤマダ電機が出来たせいかもしれませんが、ヨドバシさんステキです。
※値段を書いてないのは、ココを参照されるのがイヤだからw

それでは、実写データの機材レビュー的なものを。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 17:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

Canon EOS 5D MarkIIと50Dのファインダー実写(忠実設定現像)比較

急な思いつきに近いものがありますが、
Canonの中級機ランク?にある50Dと5D2で視野率とかの比較。
まぁ、こんなことやってるんだから何らかの予告だったりしますw

実写データは、カメラ内JPEGではなく、
DPP現像で修正系を全OFFにしたものになります。
なので、色被りとかも気にはなるのですが。。。
WB撮影時、ピクチャースタイル忠実設定、シャープネス0、他も±0、
ライティング最適化(暗部UP)なし、輝度ノイズ・色ノイズ修正なし、レンズ収差修正なし。
画角が同じぐらいになるように、被写体との距離などは調整しています。
(合わせ具合は背景基準だったので努力目標ぐらいに思ってください)

参考までに、いつもどおりのパラメータで5D2の実写データを現像すると。。。
IMG_4904-my.JPG←09/11/20差し替え(設定変更)
忠実設定の地味なのとは違いますので注意してねw
(今回はカメラの素データで比較しようと思ったけど地味なので)

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

EF 100mm f/2.8L Macro IS USM 撮影レビュー

EF 100mm MacroのハイブリッドIS搭載レンズが発売されて数日が経過してしまいましたが、
ようやくハイブリッドISの機材レビューです。

撮影画像UPでの比較ですが、いつもの撮影台で文字を撮影しました。
文字とかドットの方がブレの効果が確認できるかと思ったので。。。
フィギュアは時間があるときにレビューを行いますw

一応、等倍の1:1となるような距離(0.3m)で撮影しています。
フードの先端と被写体の間は数cmしかありませんけど。。。

※リンク先画像は、5D MarkIIの縮小なし撮影画像のため8MB程度あります。

IMG_4767.JPG
三脚、IS-on (1/30sec,ISO-200,F2.8)

IMG_4768.JPG
三脚、IS-off (1/30sec,ISO-200,F2.8)

IMG_4777.JPG
手持ち、IS-on (1/60sec,ISO-200,F2.8)

IMG_4783.JPG
手持ち、IS-off (1/60sec,ISO-200,F2.8)

マニュアル露出ではなくて、絞り優先AEで撮ってしまったので、
三脚と手持ちでシャッタースピードが違いますが、
ハイブリッドISのON/OFFでの効果は判るかと思います。

で、結論。
>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

Canon EOS 5Dmk2と50Dで画角と周辺減光を比較 (らき☆すた)

さっき撮影したばかりのトレーディングフィギュアの「らき☆びな」です。
らき☆びな お雛さまで、うにょーんと登場!という感じで
BANDAIから出ている”らき☆すた”のBOXなのですが、
こなた(内裏)以外は。。。と思っていると、つかさ。
ねんどろいど ぷち の方がクオリティが段違いでイイと思います。

で、方針転換。

今回は。。。デジタル一眼レフの評価で、5Dmk2と50Dでの比較。
同じレンズで周辺光量(レンズ収差補正)をOFFにして、
同じ位置から同じものを撮ってどのように違うかを
検討中で買うであろう方々のために見せようかと思います。

三脚・雲台・被写体(フィギュア)の関係はまったく変更無く、
もっぱら評判のEF 24-70mm f/2.8Lでやれば良くわかるだろうと。。。
(70-200mmとは違って、誰も文句を言わないだろうとw)

まずは、開放絞りF2.8でAPS-Cとフルサイズでの比較。
1.6倍の画角とフルサイズの周辺光量の減光具合に注目。
F2.8だけ、RAW撮って出し。(デフォルトサイズでDPP現像)
ちなみに撮影距離は40cm(素子からの距離)で被写体サイズは約4cmです。

IMG_1070.JPG
Canon EOS 50D F2.8 (リンク先:6MB)

IMG_1078.JPG
Canon EOS 5D MarkII F2.8 (リンク先:7MB)

あとは絞っていくと周辺減光がどうなるかを。

IMG_1079.JPG
5Dmk2 F5.6

IMG_1080.JPG
5Dmk2 F8.0

フルサイズだと、現像時に周辺光量を66で持ち上げると普通に見えるのですが、
大口径Lレンズを使ってもOFFにすると厳しいですね。
思ったより差がなかったのですがF5.6やF8ぐらいで実用域のように思います。
やはり、APS-CサイズCMOSの方が実用面では有利かと。
F5.6で周辺まで十分な明るさになっているかと思います。
(素子サイズの特性なので当然と言えば当然なのですが。。。)

IMG_1068.JPG
50D F5.6

どちらも一長一短なので両方の特徴が活かせるように、
撮影者が積極的に選択する必要があるかと思います。
(ものすごく無難な言い回しですけど)

とりあえず予算ありきで考えて個人的に意見を述べさせていただくと、
RAW現像のPCスペックもあるので、無理しないほうが良いかと思います。
写真=シャシンで考えて、アートは感性が重要でコンデジでもいいんだから、
あくまで機材への資本投下は表現の幅を広げるために。。。と考えれば?


P.S.
PIE2009(フォト・イメージング・エキスポ)に参加したいと思っています。
その前の週の東京アニメフェアにも参加しますw
カメラはコンデジしか持っていかないと思いますけど。。。
posted by HINA at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

ねんどろいど 涼宮ハルヒの憂鬱 & レンズ評価? 

ねんどろいど ぷち「涼宮ハルヒの憂鬱#3」を開けたことと、
A16Eを購入したということで、レビューを兼ねて
涼宮ハルヒの激奏を撮影しました。

照明の位置関係とか、設定は異なるので
一概の比較はできないのですが。。。
(意味無いってツッコミはなしの方向でw)

081103_haruhi_DPP_0001.JPG
Fig.01 EF50mm+EF12 F/4.0

081103_haruhi_DPP_0002.JPG
Fig.02 A16(f=50mm) F/4.0

Fig.01は、いつもの設定という感じです。
絞り値はF2だと比較できないので、F4.0としました。
Fig.02は買ったばかりのA16(TAMURON 17-50mm F/2.8)で撮影したのですが、
エクステンションチューブのEF12を付けたら、AFでフォーカスが合わず。。。
なので、カメラは同じ位置で撮影しているのですが、
EF12の有無で画角がぜんぜん違います。。。
そもそものフォーカス方式が違っているので、
被写体への距離が近いとA16の方が広角になってしまうんですけどね。

個人的には、見慣れているせいか、
単焦点レンズのほうがいいと思うんですけど、
コレばっかりは好みですよねw

正直、いまのところ買った価値は無かったかな。。。
単焦点でカバーできる状態な時点でズームレンズの必要性はないし、
ズーム使わなきゃ、単焦点で十分と言われてしまいそうw
posted by HINA at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。