2011年10月22日

可変NDフィルターを購入してみたので、使用雑感というか撮影機材レポート的なもの。

韓国の財閥系ハンファグループから可変NDフィルターが発売されるときいて、
しかも激安ということで試しに買ってみました。
24-70、24-105、70-200mmとかに合うサイズは高いし。。。

IMG_6220.jpg

ハンファ・ジャパンUMAZONe「可変式NDフィルター」(UMA-NDFシリーズ)は、
ND2.5〜ND400の間で無段階に減光量を調節できる可変式NDフィルターです。
意味不明の人は、黒さが変えられるサングラスみたいなものだと思ってください。
今までは安いやつ(GREEN.L Variable NDXとか)が1万円、
ケンコー・トキナーのバリアブルNDXが6万円とかのお値段で
気持ち的に試すにも試せないという代物でしたが感触をつかむことができました。

それでは、赤青緑のLEDライト、蛍光灯(逆光)の照明を用意して、
可変NDフィルターの減光効果と色の変わり具合のサンプル写真をUPします。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 15:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

Canonの新レンズEF 8-15mm F4L Fisheye USM を購入して、いろいろ使ってみてのインプレッションというかレビューというか

Canonの新レンズEF 8-15mm F4L Fisheye USMがようやく発売されました。
去年の夏に予約して、1月発売が3月に延び、さらに東日本大震災があって発売未定、
ようやく7月末に発売された広角というか魚眼レンズです。

PO6F7510.JPG

こういうのを普通の無理やり直線にする広角レンズで撮ると崩れます。
まぁ、丸を丸く撮ってこその魚眼レンズですからねw

家で使ってみたのは届いた直後にTwitpicにUPしていますが、
180度のすべてが写ってしまうので、いろいろ写らないように対策するのがメンドウでした。
そんな感じで外で試写してきたので簡単にUPしておきます。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ソニーのタフネスデジカメ、防水カメラDSC-TX10を買って、すぐに撮影してみたインプレ。

SONYの裏面照射型CMOSを搭載した防水デジカメ「DSC-TX10」を衝動買いしましたw
適当に暗くなってから撮影してきたのでサンプル的なインプレッションを。

IMG_4385.jpg

防水/防塵・耐衝撃性能のあるコンデジなので余裕で水没させられます。
スペック上は、水深5m、落下1.5m、マイナス10℃でも使えるというタフネスデジカメ。
でも、落下はちょっと怖いのでやめときます。。。

それでは、簡単に街中で撮影したり、
いつものフィギュアでフルサイズ撮ってUPしたので、続きに参ります。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 21:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

Panasonic LUMIX GF1を借りて、撮影ブースでレビューしました。

知人からミラーレス一眼のGF1をお借りできたので、簡単ですが、いろいろ撮影してみました。
このGF1を撮ったのは、Canonで小さい一眼のKiss X4で撮影しています。

101215_GF1.jpg

とりあえずは、私のリファレンスにしているフィギュアの激奏ハルヒです。
カメラ内JPEGですが、向きが横になってしまったので
Photshop CS4で回転させて、1枚を除いて長辺1200pixリサイズしています。

それでは、ISO感度を変えながらノイズを見て実用範囲を。

>>> 続きはここをクリック
タグ:gf1 LUMIX ISO感度
posted by HINA at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

フィギュア撮影講座 〜番外編1〜 ケータイでフィギュア撮影はどれぐらいできるのか?試してみました。

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座〜番外編〜とはしているものの
今回はケータイ撮影講座というわけではないのですが、デジカメが無くてどこまで撮れるものか試してみました。
前回レビューした天江衣(咲-saki-)を被写体にしていますので
一眼クオリティをお求めの方はパパママ一眼KissX4ですが、そちらを参照してください。
(5D2をお求めの方には、APS-Cに戻った私としてはフィギュアには向いていませんと言いたい。)

※あくまでケータイ撮影なので、通常の撮影レビューは前の記事です!!

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

Eye-Fi Pro X2(8GB)の転送速度とかを測ってみました。

Eye-Fi Pro X2がRAW対応の11n対応ということで、自宅とかで使うのに便利かと思って購入しました。
foo-bar-bazのスパさんも購入されていて、D300にCFアダプタをかませて性能を測ってらしたので
急遽、私の方でもKX4(SDカード仕様のデジタル一眼レフ)で計測してみました。
(参考:撮影機材レビュー Eye-Fi Pro X2[foo-bar-bazさん])

100522_IMG_0831.jpg

ちょっと我が家の無線LANセキュリティにカードが対応してない模様で、
出来る限りセキュリティを上げる設定を探すのに2時間近くかかりました。。。

シャッターを押してからパソコンの指定フォルダに保存されるまでを計測しました。
EOS KISS X4での実測値で約20MBのRAWデータを保存するまで、21秒で完了します。
転送自体は、約17秒で完了している模様。
ざっくり9.2Mbpsなので11n対応(Max300Mbps)は無意味???
=追記:2010/05/23=
ルーター上は、Eye-Fiを802.11nで認識していますし、
PC→Lan1Gbps親機→[無線11n]→子機LAN100Mbps→PS3に100MBのmp4を転送すると11秒でしたので
Max100Mbpsの環境で実測72.7Mbpsぐらいだったので無線は良好の模様。
やっぱりカードに押し込んでるから、アンテナ小さくて電波的には厳しいのかなぁ〜。
==

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の六〜 クッキリ写真はシャープ処理で

フィギュア撮影レビューについての個人的な講座の6つ目ですが、
今回は、撮影方法というよりもフォトショップでのレタッチ処理についてになります。
そろそろ「まとめ記事」で総括して終わろうと考えていたところ、
質問回答に”アンシャープマスク”とか一般的ではない単語を使ってしまったのが原因ですが。。。

いわゆるシャープネス処理のシャープネス、アンシャープマスク、スマートシャープについて、
ブラック★ロックシューターで、1200pixのサンプルを示します。
→サムネイルでは判りづらいと思うので、画像をクリックして原寸表示してください。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 09:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の伍点零〜 自動露出は測光方法で決まる

フィギュア撮影レビューについての個人的な講座の5つ目の補足です。
というか、カメラの自動露出の説明が無かった。(苦笑)
不備などは、コメント頂ければ極力対応いたします。

今回は、フィギュアとか使わずに、
カメラの動作イメージが判るようにシンプルに説明します。。。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の伍〜 雰囲気写真は露出も命!

フィギュア撮影レビューについての個人的な講座の5つ目。
今回は、雰囲気を出す写真を狙うなら意識すべき露出設定について。
ほとんどの人が一眼だとマニュアル(Mモード)で撮ると思いますが、一眼でプラスマイナスの露出補正をしています。

特に、照明で遊ぶと、ホワイトバランスも露出もオートだとイマイチなので補正が必要になります。

100507_bs-IMG_0459.JPG
(Av F5.6, 2.0sec, 露出+1.3 ←あえてマニュアルで撮ってない)

露出補正は、色味ではなく、単純に明るくするか、暗くするかって話なのですが、
自動(M以外の)モードでは、カメラ任せに露出(明るさ)が決定しますので、
どの明るさの照明でも同じような明るさの写真になってしまいます。
(ライトの向きや被写体の材質によって若干の違いは出てしまいますけど。。。)

なので、光が差している眩しい感じや、牢屋や隙間光のダークな感じを出すために
後からレタッチすると画質が悪くなりますし、写真を撮る時に露出をコントロールする必要があります。
(デジタルカメラならコンパクトでも一眼でも-2〜+2ぐらいは付いています)

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の四〜 物撮りで三脚は必須アイテム!

フィギュア撮影レビューについての個人的な講座の4つ目まできました。
今回は、フィギュアを綺麗に撮るためのアイテムについての紹介です。
アイテムっていっても、普通に三脚だったりするのですがw

レンズは、物撮りCanonユーザなら買ったであろう、
昨年の後半に発売されたEF 100mm F2.8L IS USMで試しています。
基本的に、ブレが判りやすいように文字の「O」にピントを合わせたつもり。
(手持ち撮影での若干の向きの違いとかはご容赦ください)
>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする