2022年06月23日

小鳥撮影で、R7でのRAWバーストとプリ撮影のコンボが最強でしょう。

EOS R7を早速使ってきました。(前の記事で撮りに行くと宣言してましたので)
東京圏で連写とサーボが試せるところを考えたら、速い電車しかないだろうと。
今日は飛行機を撮るのは天気が曇天でやめました。R7の出番の被写体だと思っています。
そして、小鳥がウロウロしていたので、RAWバースト+プリ撮影ありを試してみました。

021A1027_01_20_07.jpg
021A1027_01_20_08.jpg

マジで、最強すぎる。とりあえず見てほしいですね。(自分の反射神経のラグを)
※画像はフォトショで640にリサイズしています。

●10枚後にシャッター押しています。●
021A1027_01_20_01.jpg021A1027_01_20_02.jpg021A1027_01_20_03.jpg021A1027_01_20_04.jpg021A1027_01_20_05.jpg
021A1027_01_20_06.jpg
021A1027_01_20_07.jpg021A1027_01_20_08.jpg
021A1027_01_20_09.jpg

●ここでシャッター押しました。●
あっ、私の反射神経が悪いだけでしたかね。。。
これより前が撮れているので、飛び立つためのタメまで撮れてます。(0.5秒の遡り)

021A1027_01_20_10.jpg
021A1027_01_20_11.jpg
021A1027_01_20_12.jpg021A1027_01_20_13.jpg021A1027_01_20_14.jpg021A1027_01_20_15.jpg021A1027_01_20_16.jpg021A1027_01_20_17.jpg021A1027_01_20_18.jpg021A1027_01_20_19.jpg021A1027_01_20_20.jpg

すごくないですか?いままでもMシリーズでも搭載していましたけど。
いや、これはR7の3000万画素のAPS-Cとフォーカシングが組み合わさって、野鳥の撮影でかなり使えそうです。
人の撮影でも動きを待っているなら決定的瞬間を逃さない!素晴らしい機能。
これでシャッターが遅くて撮り逃すなら、反射神経を磨くしかないですね。

レンズはEF100-400mm F4.5L IS II USMです。
鳥を撮ることが目的ではなかったので、200mmでAIサーボも乗り物で撮ってました。

ちなみに、現像がDPPでしかできないので処理が遅いのがたまにキズ。
しかも一枚ずつ切り出しってツライですわ。(一括のやり方をしらない)
RAWバーストの切り出しをするときに、たまにアプリが落ちるのは不具合なのでしょうか?(私のスペック問題?)

これは本当に素晴らしく、ミラーレスでのお気に入りの機能になりました。


posted by HINA at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影 (風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック