2012年05月17日

Ivy Bridgeが発売したので、メインPCを自作してスコアを計ってみた

GW前にIntelの新CPUのIvy Bridgeシリーズが発売開始になりました。
深夜販売で買われた方も大勢いらっしゃったようで、3Dゲートとかの期待が高かったのでしょう。

いつもどおりのスペック表記。
CPU=Intel Core i5-3450 3.1GHz (Turbo Boost 3.5GHz)
メモリ=8GB (PC3-12800 DDR3-1600 CFD Elixer 4GBx2 Dual Chanel)
M/B=ASRock Z77 Pro4-M
SSD=Crucial SSD m4 128GB (0309ファーム)
グラフィック=Radeon HD5850
OS=Windows7 Home Premium 64bit 日本語版
あとはDVDドライブと電源600Wでミニタワー。

発熱が酷いらしくi7 9770Kもオーバークロックには向いてなさそうなので最低限のところから、
Windowsエクスペリエンス・インデックスも計ってみました。

WEIスコア
120517_WEIscore.jpg

SSDの7.9(最高MAX値)をはじめ、メモリ、グラボに比べCPUが足を引っ張り7.5でした。
もちろん恒例のDPPのRAW現像についてはインストールしてから実施予定。
起動やシャットダウンが5秒ぐらいだったり、全体的にアプリもキビキビ動いたり感動レベルで、
思わず動画でiPadに録画してしまいましたw


posted by HINA at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。