2010年04月30日

デジタル一眼レフ&コンデジのフィギュア撮影講座 〜其の弐点弐〜 撮影倍率はアップの目安

フィギュア撮影講座のその2の補足になります。
撮影倍率が違うとどのくらい違うのか?ということで、
一般的なレンズの撮影倍率1:1(1倍)〜1:5(0.2倍)ぐらいの範囲でお見せします。
比率で示したり、小数点で示したりしますが、小学生の割り算レベルの換算なので。。。

今回は写る範囲の話なので手持ちライブビューで撮っていて、ブレ&前後揺れはご容赦ください。
あと、明るさとかも全く意識してませんので悪しからず。

1:5
IMG_0290.jpg

1:3
IMG_0289.jpg

1:2
IMG_0288.jpg

1:1
IMG_0287.jpg

画像に収まる範囲が大きく違いますし、アップのことを考えると、
1:1(1倍)と1:2(0.5倍)でもぜんぜん違うので、やはり1倍は欲しいところ。
(1倍の画像は、前ボケが入っているし、前後ブレしています)

ちなみに、一番前にピントを合わせてみると。
IMG_0285.jpg

開放で撮るとほとんど後ろのものが判りません。
やっぱり、全開放F2.8最短距離は、花とかに使うしか用途がないですね。

続いて、一般的なデジカメ(コンデジのIXY-910IS)。
※コンデジはオートでピントが合う最短のところで撮っているだけなので。

顔にピント
IMG_8260.jpg

一番前にピント
IMG_8259.jpg

当然、マクロモードで撮っているのですが、0.4倍ぐらいの印象。(スペック見てないw)
手前にピントを合わせると全身が入ってしまうレベルです。

同じくコンデジ分類の高倍率ズーム機(PowerShot S2 IS)で試してみると。

6mm(36mm相当)
IMG_0593.jpg

72mm(430mm相当)
IMG_0592.jpg

マクロモードで撮っていますが、画角の比較としてもズーム(焦点距離)による違いが出ています。
レイジングハートの写り方が違って遠近感の違いも判るかと思います。
最大ズームにしても、撮影倍率は0.3倍とまでは言えないかなレベルですね。

絞りはF2.7固定しているので、デジタル一眼レフと同じF値でありますが、
ボケ具合がぜんぜん違うのですが、フィギュア(物撮り)であれば、
ボケよりもクリアに写すことが大事だと思うんで。。。

ただ、コイツには必殺技があるので、ボケも出せなくはないです。

スーパーマクロ
IMG_0588.jpg

Sマクロにすれば、超接写なのでボケのある写真が撮れます。
ですが、焦点距離は固定になりますし、カメラ自体が陰になるので”出っ張り”を撮ること以外には使えないですね。
それにしてもレンズが汚れてる。。。

一眼レフを買うとレンズを買いたくなるので、安く見積もっても総額20万は覚悟する必要があるので、
全体をくっきり撮りたい(ちょっとアップ程度)だけなら、
コンデジのマニュアル系が充実している機種がオススメになりますね。
ただ、ボケが欲しい場合は一眼レフになってしまいますし、
アップを撮りたいなら撮影倍率が高いレンズを購入する必要はあります。
でも、カメラが趣味でない場合は、見せるために撮るならアクセス数がなきゃ意味ないし、
フィギュアコレクションなら実物もあるしっていうコスト見合いのバランス感覚は必要かと思います。
カメラが趣味になるなら、借金しない程度に楽しみながら徐々に買い足していってください。
(生活しながらでも資産増加が月100万円以上あるような人はご自由にw)


posted by HINA at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。