2010年01月23日

figma 053 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 「高町なのは The MOVIE 1st ver」撮影レビュー

映画公開記念というわけではないのですが、A's制服Ver.を追い越して、
高町なのは The MOVIE 1st ver.の撮影レビューです。

IMG_6181.jpg

いつの間にか凛々しくなった、魔法少女リリカルなのは主人公の高町なのは。
前の記事で紹介した劇場版パンフレットを載せた後にやると気持ちが違いますねw

それではレビューにまいります。

パッケージ
IMG_6140.jpg

IMG_6142.jpg

パッケージに魔方陣が描かれているのは、なのはシリーズの恒例ですね。
付属品はいつもより少なめな気がします。
てか、フルサイズで外箱を撮るのはホント厳しい。。。

figma 高町なのは The MOVIE 1st Ver. 一回転。
IMG_6145.jpg

IMG_6146.jpg

IMG_6147.jpg

IMG_6148.jpg

IMG_6149.jpg

IMG_6150.jpg

IMG_6151.jpg

IMG_6152.jpg

いつものように取って出したままの状態で回しています。
ちょっと足の部分とか塗装が白い箇所に色写りしてしまっているのが残念です。
塗装自体は綺麗にできてますし、造型もスカートのお尻の部分のシワとか頑張っていると思います。

パーツ
IMG_6182.jpg

IMG_6184.jpg

やっぱりトレードマークだった赤いリボンが無くなって、
メタル仕様になったのが雰囲気を変えてますね。
なのはちゃんのイメージで作られたものだったのに。。。

おぱんつ
IMG_6185.jpg

パンツは白ですね。
お尻にシワがあるのがとても細かいですね。

そして、ユーノ君。
IMG_6153.jpg

IMG_6155.jpg

フェレットモードなので、セクハラがいっぱいできますw
まぁ、逆に気を使ってましたけど。。。
とっても仲良しの2人。
なのははユーノに出会わなければ(助けなければ)、普通の生活ができたのですけどね。

初期(TV版)の変身した時のポーズ
IMG_6158.jpg

IMG_6159.jpg

初期の序盤での退治仕事とかから拾ってきましたw
劇場版ではレイジングハートに羽がないんですよね。。。
さらに、映画になるとポージングはちょっと変わっていました。(記憶)

劇場版リリカルなのは変身ポージング。
IMG_6163.jpg

たぶん、こんな感じ。←適当w
デバイスモードだけでなく、カノンモードも。

レイジングハート
IMG_6187.jpg

IMG_6186.jpg

カッコ良くなっています。
なのはちゃんらしいカワイイ少女の柔らかさは何処へ。。。

IMG_6173.jpg

IMG_6189.jpg

魔法少女ですけど、デバイスの変更もあって普通に強そうです。
そして、バリアジャケットは夜が似合うと思います。
合成で魔方陣を書けば砲撃のシーンになるような感じで照明をデバイス側を強めに。

実は、figmaのパッケージには、さりげないオマケが入ってます。

di:stage用のカバースキン。
IMG_6177.jpg

IMG_6178.jpg

切り込みが入っていて、説明どおりに組み立てれば、di:stageに付けられるよになっています。
魔方陣の上にフィギュア本体を載せれば雰囲気がでますし、
見せるために飾るのに便利な「NANOHA TAKAMACHI The MOVIE 1st」と書かれています。

デバイスを持っていても、重心を間違えなければ自立しますし、
あまり台座アームを挿したくない自分にとっては高評価。
あたりハズレの範囲の一部の色写りは見逃せば、全体的にも塗装は綺麗で、とっても満足です。
そうは言っても、顔の汚れは気になりますけどね。。。(触れなかったけど気付きましたかね?)

あと、タイミング的なテンションもあるので、発売延期は確信犯ということでしょうかね?
フェイトちゃん待ちです。。。

posted by HINA at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア (figma) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。