2010年01月16日

AMD Athlon II X2 250と785GのオーバークロックでWindowsエクスペリエンス インデックス

結局、オーバークロックさせました。。。
今回はWindowsスコアを計った程度で終了です。

A250-785G-oc.jpg
ほとんど振り切れて(Vistaなので5.9)、Aero5.2に3Dゲームグラフィック4.5は上出来w

AMDで組んでも格安PCなのでE5200の時と同じような構成。
CPU=Athlon II X2 250 3.75GHz (3.0GHzをOC。電圧はNormal)
メモリ=2GB (PC3-10600 DDR3-1333 Dual Chanel メモリ自体のクロックは定格)
M/B=GIGABYTE MA785GMT-US2H (AMD 785G + SB710)
HDD=WD15EARS 1.5TB (XPだと遅くなるらしい)
グラフィック=オンボード (500MHzを750MHzにOC)
OS=Windows Vista 32bit
あとはDVDドライブとスリムタワー+電源ぐらいで、OS別でトータル3万以下。

オーバークロックは、ネットで参考となる値を見て
切がいい数字を超適当にFSB200を2割増ちょいの250MHzに、IGPのクロックを1.5倍の750MHzにしただけ。
他の値は試してませんが、785Gは2倍の1000MHzでも動くらしい。。。
(電圧を盛る必要があるかもしれないけど)

3D Mark06(3D Marks)は、予定通りの2300程度。
必要があればロープロで最新グラボを追加しますけど。。。用途的にイラナイかな。

安い、早い、うまい(安定動作)なPCでオススメ。自己責任でw

まぁコストUPさせれば簡単に早くなりますけどね。。。
参考:Core i7 Extreme 965とCore 2 Duo E8500パソコンでのRAW現像速度比較


posted by HINA at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。