2009年04月12日

AV-98 イングラム1号機 海洋堂 (リボルテック 劇場版)

発売されて久しいですが、REVOTEC INGRAM Movie Ver.のレビューです。
てか、フィギュアのレビュー自体も久々です。
メインコンテンツなのに。。。(苦笑)


IMG_0545.JPG
外箱(帯付き)

IMG_0548.JPG
外箱(ノーマル)

箱の横は、広告的だったので割愛。
そして、いつものように箱から出した状態での回転させながら撮影した写真です。

IMG_0550.JPG

IMG_0551.JPG

IMG_0552.JPG

IMG_0553.JPG

IMG_0554.JPG

IMG_0555.JPG

IMG_0556.JPG

IMG_0557.JPG

出したママでの回転はここまで。
脚が大きいので、かなり安定してポーズさせられますので、
いろいろとポージングさせながら撮影しました。

IMG_0558.JPG
警視庁が守ってくれますw

IMG_0563.JPG
”狙い打つぜ!”って違いますね。。。

IMG_0565.JPG
ちょっと考えないと、このポーズはできませんでした。

IMG_0567.JPG
頑張れば、しゃがませることも可能。頑張れば。。。

撮ったのは1ヶ月以上も前なのですが、ようやく載せることができました。
おねーさんを撮ったり、開花状況に左右される梅や桜の季節だったりで
旬を重視した結果としてフィギュアは先送り。。。

篠原重工八王子工場製造の純警察用レイバー(警視庁警備部特科車両二課所属)で
肩のランプや頭の形などは、この劇場版から引き継がれているようです。
でも、詳しくない人からすると「劇場版」だけの表記では、
押井守監督の1st映画版なのか、2002年ぐらいの2nd映画版なのか分からない。。。と思う。

さて、感じのフィギュアのインプレッションですが、
可動フィギュアの可動部については、ギア的な感触があり、
カチッカチッという感じでポージングの固定がされます。
リニアに動くというよりデジタルに動く感触と言えば伝わるのでしょうか。
フィギュアとしてプラスチッキーでも塩ビ(orビニール)的な質感でもなく、
ちょうど両方を足したような感じですが、質感も良好ですし、
小道具(銃や警棒)も豊富で、可動の幅も広いのでいろいろと楽しめます。

いまの値段は確認していませんが、Amazon.comで1000円もせずに買えたので、
とっても満足度(コストパフォーマンス)の高いフィギュアでした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117329682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。