2009年03月22日

ヴァイスシュヴァルツ エクストラパック CLANNAD vol.02 先行販売

3/28に発売予定のヴァイスシュヴァルツ エクストラパック CLANNAD vol.02が
東京国際アニメフェア2009(ブシロードブース)で先行販売されたので購入しました。
先に紹介しているPRカード「日差しの中の渚」も3000円以上になって貰ったものです。

基本的に公式サイトで公開されると思いますので、
パラレルホロカード(SP)で通常とホロの色が違うものを紹介します。
もちろんカードゲームとしての能力は同じです。

090322_ws-02.JPG

渚のウェイトレス姿も非常にいいですけど、
個人的には、「恋の仕掛け人 芽衣」を推します。
デフォルメ春原と岡崎が手の中にあるのも面白いですし、
何より、芽衣ちゃんがカワイイのです。
TBS系列で放送されているTVアニメの後半戦(After Story)で
芽衣ちゃんシナリオがあったのも個人的には非常に嬉しかったり。。。
その後、ほとんど登場せず。。。

090322_ws-01.JPG

アニメの第1話で放送された草野球の体操服もいいですけど、
杏の清楚な白の服装がかなりイイですね。
アニメではOPに名前が出てくるのに、ことみちゃん&智代はほとんど登場せず。。。
風子はシナリオにしっかりと絡んでるのにOPから削除されたのはナゼ?


ついでに渚アフターのシナリオも終了して
番外編を放送しているのでネタバレも構わないと思うので。
毎度のことながら議論を醸し出している輪廻関係や微妙な人物について
幻想世界の少女と僕、病院近くの木の下で寝ている女の子が明確になりましたね。
京都アニメーションの石原立也監督とkeyの麻枝准氏で認識の相違はないでしょうから
アフターの風子が病院で見つけた女の子が最初はゲームのCGと同じく白い服で見えたのに、
アニメの風子の視点での最後のシーンでは幼稚園の服装の汐が寝ていたことと
雪原で光に変わる幻想世界の少女がロボットの僕に「パパ」と言ったことから、
幻想世界の少女=病院で寝ている少女=汐、幻想世界のボク=朋也
で確定でいいんでしょう。
まぁ、解釈どおりではありましたが、ゲームクリア後の議論が一番楽しいのですけどね。
それより、アニメ版では、ことみちゃんのドライビングテクニックのカッコイイところが
光坂高校の図書室でのマイペースなイメージとギャップがありましたが。。。
環境変われば、人は変わるものですよねw



posted by HINA at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。