2009年02月15日

HGセラヴィー&セラフィムガンダム 合体レビュー

ガンダムOOのアニメでは数週間前に登場してましたが、
HGセラフィムガンダムとHGセラヴィーガンダムの脱着(合体)が可能になったので、
くっつけたり取ったりしながら、撮影しました。

090215_SERAVEE_DPP_0001.JPG
GN-008 SERAVEE GUNDAM (1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM 00-26)

090215_SERAVEE_DPP_0002.JPG
GNキャノンの膝も展開してのクアッドキャノン

090215_SERAVEE_DPP_0003.JPG
フェイスバーストモードって、顔は全部で。。。

090215_SERAVEE_DPP_0004.JPG
フェイスバーストしていない状態

090215_SERAVEE_DPP_0005.JPG
真横からセラビーガンダム

090215_SERAVEE_DPP_0006.JPG
やっぱりデカイですw

090215_SERAVEE_DPP_0007.JPG
ようやく分離して「SERAPHIM GUNDAM」登場!

090215_SERAVEE_DPP_0008.JPG
背中のバックパックからセラフィム展開中。。。

090215_SERAVEE_DPP_0009.JPG
どこから敵が現れても戦えますねw

090215_SERAVEE_DPP_0010.JPG
大きさが違います。(前セラフィムガンダム、後セラヴィーガンダム)

今回は、GNバズーカはノーマルのままでしたが、
ダブルバズーカやツインバスターキャノンにも変形でき
ちょっと枠が広がる、バーストモードも可能でした。
あと、セラフィムガンダムへの展開はできない単体のセラヴィーガンダムだけの購入状態でも
セラフィムガンダムになるバックパックの状態でブラスターが動くなど
やはり可動部がかなり多くて、色々なポージングがさせられます。

さすがにガンプラでは、GNフィールドまでは展開できないですけどね。。。
まぁレタッチというかCGを使えば、なんでもできますけど。

ちなみに関係ない話ですが、レビュー写真の撮影はデジタル一眼レフですけど、
簡単にイイ写真が撮れるので、実はコンデジでも撮ってます。
(今回UPするのはデジイチだけですけどねw)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114282228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。