2009年01月17日

026 figma 八神はやて 騎士甲冑Ver. 写真撮影レビュー

発売されたらレビューすると予告していたものになりますが、
「figma 八神はやて 騎士甲冑Ver.」が昨日発売となりました。
当初は1月25日発売予定だったのですが、16日に前倒しになっていました。

ちょっとCFカード(全部)を貸し出していたので、撮影が遅れました。
それでは、早速、撮影したのでレビューしたいと思います。
(リンク先の画像は縮小されてる場合は、ちゃんと等倍表示させてね)

090117_hayate_DPP_0001.JPG
026八神はやて騎士甲冑Ver.の外箱です。いいデザインだと思います。

090117_hayate_DPP_0002.JPG
箱の裏側です。ポーズがいっぱい。

090117_hayate_DPP_0003.JPG
中身の詰め方はこんな感じ。

090117_hayate_DPP_0004.JPG
箱から出したママのポーズです。

090117_hayate_DPP_0005.JPG
それっぽい格好をさせて、正面撮影。

090117_hayate_DPP_0006.JPG
夜天の書(闇の書)が綺麗なんですよね。

090117_hayate_DPP_0007.JPG
ちなみに、黒い羽はfigma台が無くても付けられるようになってます。

090117_hayate_DPP_0008.JPG
シュベルトクロイツの品質も高め。取っ手もデザインが細かいです。

090117_hayate_DPP_0009.JPG
腰のマント?は他の人に比べたら広がってませんね。

090117_hayate_DPP_0010.JPG
夜天の書は、照明のジャマですけど立てとけばよかったかな?

090117_hayate_DPP_0011.JPG
スタイルいいしカワイイですね。



肝心の可動フィギュアのインプレッションとしては、
腰というより胸から可動するので、非常にポージングもさせやすく、
かなり個体差があると思いますけども、私のは間接もスムースでした。
ただ、背中の穴がゆるくて、羽を付けると外れやすいです。

久々の一言レビューになりましたが、今までで一番品質が良いと思いました。
金色の光沢がよりいっそう際立たせます。
はやてちゃんは髪も他の隊長にくらべてコンパクトに収まってます。
(3隊長の写真については最後を参照)

今回は、いつもとカメラを変えて撮影しました。
いつものほうがブログにUPするには画質的にもいいと思ってますが、
そろそろサブ機も世代交代させなければと思ったのでw
ただ、室内照明だけでのISO-1600テストも兼ねてますので悪しからず。
(一周している箇所はISO-400にしてますけど)
オマケで機動六課の隊長さんたちを集合させました。

090117_hayate_DPP_0012.JPG
左から、高町なのは隊長、八神はやて隊長、フェイト隊長。
って、わかりますよね。。。

ピント合わせと、何とか入れるのに苦労しましたw


※2009/01/29:記事の画像サイズ変更。
posted by HINA at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア (figma) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: (管理者以外に公開されません)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112743789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。