2009年05月30日

クイーンズブレイドP-7 光明の天使ナナエル 2PカラーVer. 撮影レビュー

クイーンズブレイド P-7 光明の天使 ナナエル 2PカラーVer.のレビューです。
エクセレントモデルシリーズの通販限定バージョン。

IMG_7585.JPG

通常の青ベースで白い羽の天使らしいカラーとは違って、
ピンクベースで小悪魔のような黒い羽が特徴的なフィギュア。
まぁ、性格的にはコチラの方があっていると思いますけど。。。

ずっと(意図的に)積まれてて半年ぐらいたって箱を開けました。
できればナナエルがメインの放送(2話前)のときに撮りたいと思ってましたが。。。
過ぎたことを気にしてもしょうがないので、レビューに参ります。

>>> 続きはここをクリック

E5200をOCでRAW現像速度の比較

昨日は、オーバークロックなしでのRAW現像速度を比較しましたが、
今回はE5200を3.3GHzにOCして、時間を計測しました。

まずは、E5200のオーバークロックの設定説明。
電圧を上げずにFSBを200MHzから3割り増しの266MHzにあげ、
メモリのみ800MHz前後になるように設定しています。
ほかは、全部デフォルトのまま。

E5200-OC-cpuz.jpg
CPU-Zのキャプチャ画像

オーバークロックしたので、Windowsエクスペリエンスのインデックスも計測しました。

E5200Score-OC33G.jpg
スコア

CPUとメモリが6.0→6.6にUPしています。
体感的にもちょっと早くなったかな?と思う感じですが、
現像処理など、CPUがフルパワーとなるときは、かなり違う感じがしました。

それでは、本題の比較方法は同じRAWファイルをDPPで
20枚を一括変換で現像した時間になります。

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

Pentium Dual-Core E5200(2.5GHz)スペックのパソコンでRAW現像速度

過去にもいろいろ比較しているRAW現像処理の時間計測。
スペックはCPUがPentium Dual-CoreのE5200、メモリ容量4GB(2GBx2)。
詳細は前の日記を参照してください。

画像データはベースとしている50DのRAWデータ。
ちょっと現像ソフトがバージョンアップしている点や
OSが異なっている(しかも今回はRC版64bit)こともあるので、
絶対的な比較にはならないのですが、参考にはなるかと思います。

計測方法は、独自の恒例?測定方法になっている
DPP(Ver.3.6.1.0)でRAW→jpg変換での時間を計測。
(比較の参考になりそうな再掲の過去データはVer.3.5.2.0)
RAWファイル20枚を”一括変換”した時間。
=============
デフォルトサイズに変換
965Ex:109 sec ( 5.5sec/枚) [再掲]
E8500:150 sec ( 7.5sec/枚) [再掲]
E5200:220 sec (11.0sec/枚)
=============
900x600に変換
965Ex: 83 sec (4.2sec/枚) [再掲]
E8500:124 sec (6.2sec/枚) [再掲]
E5200:178 sec (8.9sec/枚)
=============

日ごろはE8500なこともあるかとは思いますが、
体感的には、”かなり待たされた”ように思いました。
さすがに4分は長い!

>>> 続きはここをクリック
posted by HINA at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

E5200のオーバークロックで15.20GHzを記録?

久々にパソコンを組んでみました。
自分用ではなく、親のためですけど。。。

お金は全額(私の)自腹です。
まぁ、数少ない親孝行ってことでw
(まだ自宅でセットアップ中で実家には渡ってないです)

なので、超経費削減。
CPU=E5200(Pentium Dual-Core 2.5GHz)
メモリ=4GB(DDR2 Dual Chanel PC-6400)
M/B=Intel G31
HDD=250GB+320GB (日立の7200rpm新品とお古w)
グラフィック=Radeon HD 4350(Asus EAH4350 SILENT)
OS=Windows7 Ultimate RC 64bitとXP Professional 32bit
VGAとOSは手持ちなので、全部で3万ちょい。
親の用途のYoutube&ニコニコやOffice使う程度なら十分なスペックだと思う。
自分のはCore i7-965とかCore2Duo E8500とか、
i-965とE8500比較のようにCPUパワーが必要なので、それなりのものですけどw

違和感のある人もいると思う点がG31はオンボードVGAがあるのに、
メリットが少ないビデオカード(HD4350)が積んであるのは、
デュアルディスプレイ構成とデジタル接続のため。
もちろん、新品3000円の特売で買って余っていたという理由が大きいw

そして、当然のようにスコア計測。

Status.jpg
Windows7 システム情報

で、一番にびっくりしたのが。。。

プロセッサが。。。E5200@2.5GHz 15.20GHz
「15.20GHz」ですよ!
デュアルコアで逃げていたIntelのクロック目標達成ですwww

一瞬、電圧盛り盛りでFSBの設定とか、BIOSの設定を間違えたかと思いましたよw
でも、構成に合わせたノーマル設定にした程度で、
BIOSのオーバークロック関連は何もしていない。
そもそもですけど、こんなクロックでは絶対に起動しませんwww

15.2GHzを記録したら、最高ランクなのでは???

もちろん、普通にWindowsエクスペリエンスのインデックスは、
6.0ということで、問題なし。
(CPU-Zでも普通の定格動作であることを確認)

E5200Score.jpg
スコア

とりあえず、撮影した写真の現像する時間を計測しています。
オーバークロックも試しているところw
posted by HINA at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

もえたん 虹原いんく TVアニメのカラー版 (KOTOBUKIYA) 撮影レビュー

もえたん 虹原いんく TVカラー版 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)のレビューです。

IMG_7500.JPG

萌える英単語の参考書「もえたん」の主人公の虹原いんく(ぱすてるインクが主人公?)。
個人的に好きなキャラTOP5に入るぐらい”萌えて”ますし、声も大好きですw
撮影したフィギュアはアニメのカラーVer.に変更して再生産されたものです。
まぁ、どっちにしろ”いんくちゃん”は今月発売の最新フィギュアではないのですが。。。

それでは撮影画像のレビューです。

>>> 続きはここをクリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。